障がい者雇用への取り組み
障がい者の就労支援ロゴマーク
北海道障がい者の就労支援ロゴマーク

当社が障がい者雇用に取り組み始めたのは90年代です。その後も継続しつつ、雇用率も段々拡大しています。

当社では、障がい者の職能と適正に応じた職場づくりを積極的に推進し、障がい者の継続採用と共に、障がい者に対する理解の促進を全社で行っています。

働く障がい者の支援に取り組む企業として、北海道が推進してます『北海道障がい者就労支援プログラム「アクション」』に参加しております。

適正に応じた職種創造と働く環境づくり

SOCはIT業界の特徴(知識集約、屋内作業等)を生かし、仕事をしやすい環境を積極的に整備しています。

<適用職種>

  • システムエンジニア
  • 事務

<障がい者に適した職場環境の整備>

  • 障がい者職業生活相談員4名(2016年4月現在)
  • 障がい者に適用したビル階段なしのフロア
  • 車いす用の通路やトイレ
  • 社内での手話の講習により障がい者とのコミュニケーション環境の改善
  • 社員に対する障がい者応対の教育

車いすの玄関スロープ
車いすの玄関スロープ
障がい者用トイレ
障がい者用トイレ
社内での手話の講習
社内での手話の講習