設立趣旨

当社では、社員に対し積極的にITコーディネータ資格取得を推奨しており、2010年3月現在、10名の資格者を有するようになりました。併せて、ITコーディネータ資格者には経営品質協議会 認定のセルフアセッサー資格も取得させており、こちらの資格者も10名を超える人数となりました。 そのため、これを機会に、さらに幅広い層に「経営からITに関する最新知識を習得する機会」を提供 することを目的として、社内ITコーディネータの自主運営によるITコーディネータ協会届出組織「SOC 経営推進グループ」を設立することといたしました。

このような背景を踏まえ、今後、当社では経営戦略立案や経営課題の解決にあたっては、ITコーディネータとセルフアセッサーの両方のフレームワークを共通言語とすることを考えており、経営者自らがこの二つの資格を取得しております。 また、各社内ITコーディネータも仕事を含め様々な機会に、積極的にITコーディネータとしての実践を積んできております。

今後は、当組織にて習得した知識、及び、実践を通して培ったノウハウを社内全般にてナレッジ・ マネジメント化を推し進め、社内においてはサービスの品質向上を図り顧客満足度を高めること、さ らに、社外においては幅広く社会貢献することを当組織の運営理念といたします。

SOCのフレームワークと資格の相互関係
SOCのフレームワークと資格の相互関係